健康な体を維持するために整体院や整骨院に通ってみたいと考えている人もいるでしょう。整体院と整骨院は同じようなところだと考えている人もいるかもしれません。しかし、この2つは異なる部分もありますし、その違いをしっかり理解しておくと良いでしょう。整体院では脊椎や骨盤、肩甲骨、四肢など関節に対する施術を受けられるようになっています。手足を使って関節や骨格、骨格筋の歪みを整えることができますし、日ごろの不調を改善することができるでしょう。整骨院では整体院の施術も受けることができますが、さらに急性の怪我に対する治療も受けられるようになっています。急性とは捻挫や骨折、脱臼などの怪我であり、同じような負担が続くことで発生する寝違いやぎっくり腰などに対する施術もできるということです。整体院と整骨院は施術者が資格を持っているかどうかという点で大きく異なっています。整体院を開業するためには国家資格は必要ありませんし、資格を持っていない人でも開業できるということです。しかし、整骨院を開業するためには柔道整復師という国家資格が必要となります。資格を取得している人が施術をおこなってくれるため、安心して任せることができるでしょう。