肌細胞のカテゴリーとACG

肌細胞は、95パーセントが先端化細胞でできてあり、その厚さは0.2mmといわれています。

そうして、こういう肌細胞は、4つのカテゴリーからできてあり、下のカテゴリーから基底カテゴリー、存在カテゴリー、顆粒カテゴリー、角質カテゴリーといいます。

肌細胞の最も下に位置する基底カテゴリーでは、基底細胞が立方体から円柱状に存在し、お肌の細胞をつくりだしている部分だ。

その上における存在カテゴリーは、5から10カテゴリーによるカテゴリーで、基底カテゴリーでつくられた細胞が扁平に形を変えて存在しています。

その上の顆粒カテゴリーは、2から3カテゴリーからなり、セラミドという細胞折脂質が存在し、基底カテゴリーでつくられた細胞のニッチを埋めて結合させている。

そうして、最上部の角質カテゴリーは、約10カテゴリーによるカテゴリーで、基底カテゴリーから順番に形を変えて上がってきた細胞が先端化し、垢となってめくれおちるカテゴリーである。

また、こういう角質カテゴリーには、厚い細胞膜が存在し、UVなどの外側刺激からお肌を続ける使い道をしています。

このように肌細胞は、4カテゴリーによる班で、お肌の細胞の生まれ変わりでお肌の新陳代謝を行っている細胞だ。

そうして、健康な表皮を組みたてるだけではなく、UVを防いだり、外側の刺激からお肌を保護する機構が備わっている。

ACGは、お肌の毛孔やシワを切り捨て美肌に導く使い道があり、UVによる変色を予防するエフェクトも期待されているもので、美容産業で注目されています。

そうして、こういうACGは、エリートビタミンC配合のアンチエイジング食材で表皮の毛孔やシワ、変色を防ぐ成分としてサプリに配合されています。

こういうACGのエフェクトとしては、お肌の生まれ変わりである交替の均整を整えて、過剰な皮脂の分泌と酸化を取り締まりさせるので毛孔が目立たない美肌に導くエフェクトが期待できるといわれています。

また、抗炎症効果もあり、変色の原因となるメラニン色素を淡色化する使い道もありますので、変色を目立たなくすることが期待できます。

さらに、タンパク質やヒアルロン酸の制作を促進する使い道もありますので、お肌に弾性が現れることが期待できるといわれています。

このように、ACGは、お肌の生まれ変わりをサポートし、お肌にアンチエイジングや美肌、美白をもたらすもので、飲むタイプの日焼け止めとして話題の日焼け止めが期待できるサプリに配合されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です