炭水化物ダイエットとエクササイズについて

炭水化物抜きの痩身は、炭水化物のうち、サッカリドの服用を削るため、脂肪の燃焼をうながし、シェイプアップエフェクトを得るというものです。

炭水化物には大きくわけてサッカリドと食物繊維があります。

このひとつ、食物繊維は吸収されることなく排出されるので摂取しても問題はありません。

サッカリドは効率的な栄養分ですが、これを摂らないようにするとカラダに蓄積された脂肪を燃焼しようとします。

そうして痩せ易くするのが炭水化物抜きの痩身のメカニズムだ。

痩身を手軽に行う方法として、毎回の食生活でこれまで食べてきたボリュームから炭水化物を規定量減らす施術があります。

燃やす代謝量は、飯を茶碗モリモリ分、食パンなら2枚ほどだ。

本格的に痩身に取り組む場合は、一時の食生活で取り去るサッカリドのボリュームを20gまでを限界とする。

お米やパン、麺類は食べず、野菜や肉、魚、乳製品などがメインとなります。

果物も、カロリーは高くなくてもサッカリドが豊富に含まれているので、遠ざけなければいけません。

ここまで制限すると痩身エフェクトはあるものの低血糖の症状が出ることがあり、脳への糖分が足りずに意識が低下する可能性もありますので、注意が必要です。

ヒトは口から養分や水分を摂り、汗や尿、便などで不必要なものをカラダの外へ排出するため健康に生きているものです。

但し、年齢を重ねるごとにそのカラダの周期がふさがることが増える。

それはホルモンバランスの無秩序や年齢、自律神経の無秩序などが起こるためですが、それによって健康や美容に大きな影響を与えてしまう。

カラダの循環周期が悪くなり、不必要なものがカラダの内に余るためそれが不純物として各内蔵に悪影響をもたらして病気のきっかけになったり、素肌の年齢がすすむなどをしてしまう。

こんなカラダの周期、血行、リンパの流れを改善するには適度なムーブメントが有効です。

運動をするため血の流れが良くなり、凝り固まった筋肉がほぐされて行くためリンパが流れて、周期が正常に動くようになるのです。

ムーブメントは様々な五臓や細胞に刺激を与えることが出来るものです。

但し、いきなりツライムーブメントを通じるのは逆効果だ。

四六時中継続できるような軽めのムーブメント、たとえば散歩やヨガ、ストレッチング、フレキシブル、筋トレなどがとても良いです。

とにかく継続することが大切なのです。

じんわりって汗をかくためカラダの温度がのぼり、また素肌の新陳代謝が動くため、新しい素肌への生まれ変わりが促進されて瑞々しい血色も手に入るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です